ネタバレや腐臭発言が混じるらくがきメモ

2008年07月16日(水) ドラクエ3

赤と緑

海賊おかしらをもう一つ。おかしらと戦士。勇者の旅立ちの3年前。
この時おかしらが19歳で戦士が18歳というなかなか良い年回りですが、今回持ち出したいカップリングがそっちではないことは言うまでもありません。

本日のテーマ。「オーブとバラモス」
オーブ集めはバラモス城に乗り込む唯一の手段ぽいですが、それにしてはオーブ集めへの妨害がないというか、魔物の手に渡ってるオーブが少ないんじゃないかと思う。赤緑黄は町や村でもらえるし、青のある地球のへそもランシール神殿の管轄だろうし。銀に至ってはバラモスの本拠地にあるにもかかわらず人間(多分)が持っている始末。唯一の例外がヤマタノオロチが持ってた紫ですが、あれもオーブはついでというか、ジパング乗っ取りはそれ目当ての犯行という感じではなかった…ような気がする。
というわけで私は、バラモスはオーブのことは眼中になかった派です。魔物にとってオーブは空気的な興味を引かない物だということになりました。じゃあなんでオロチは紫をちゃんとしまいこんでるのかという感じですが、ここのオロチはちょっとヒミコの心が残ってるのでオーブを大切にしてるとかそんな設定がついてるのでそれでなんとか

で、そうなるとオーブは基本的に人間が持っているということで、つまりあれよ、所有者同士のカップリングってどうかしらみたいなさ…分かるでしょ? 緑×赤。たぬきつね。といっても恋愛感情よりもっと淡い方向で。
ちなみにテドンが滅びたのはこの2年前で、緑の人もその時にお亡くなりになってますのでまたバッドエンドです

2008年07月14日(月) ドラクエ3

海賊と盗賊

海賊首領とカンダタ。勇者の旅立ちの7年前。ここのカンダタは年の離れた女の子と妙に縁がある。
彼女の父親と親しい感じなので親戚のおじさんポジションです。髪が短くてひげもないカンダタを描いたのは初めてかもしれない。なんだか中途半端な感じがする

サイモンがどうやらほこらの牢獄にいるらしいということで救出しようとするカンダタだったがあの場所はオリビアの呪いがかかった岬を通らないと駄目なので普通の船ではとても無理。というわけで操船技術に定評のある海賊に協力を頼みに来たのだった。賊同士のつながり。サマンオサ関連のイベントはこれまた捏造し放題系ですね。

見てる人がいるとはあまり思えないんですが、全登場人物紹介の海賊首領(バスラ)の生年が10年間違ってたので数日前にこっそり訂正したんです。訂正前だと勇者たちに会う時は34歳になりますが本当は24歳だった。彼女は上のような経緯があったり結果的にわりと巨乳だったり戦士と過去に知り合ってたりするので年齢はそれなりに重要ですが、書き間違いとはいえ34歳もいいなあとか思って訂正するのをためらったりした。
戦士との関わりはそんなにたいしたものではなく、

海賊の家

せいぜいこの程度なんですが(説明になってない)、これに関しても年の差が11歳ってのもいいかなあとか思わないでもない。

2008年07月07日(月) こんな大魔王様はいやだ

大魔王ゾーマッ [再]

スパイダーマン名乗り口上のあれ。いつものとはつながってません。当たり前ですが。

ロトの借財の続きを書いていたら、ドラクエ1の時代に流通してた勇者ロト物語はどんな話なのかなと思って、もしヒーローものっぽくなってたらゾーマ様もこんなキャラになりかねないなあ、と思ったんです。
けどそれだったら口上を言うのは勇者の方だよね。うっかりしてた。

2008年07月06日(日) ドラクエ3

ロマリア王女

ロマリアにて。王様は留守です。

本日のテーマ。「ロマリアの玉座に座っているあの女性について」
つまりあの人が王妃か王女か、ということです。これも相当に意見の分かれるところ。「人の心も美しいのでしょうね」というなんとなく落ち着いた風情、リメイク版では姫グラではなくそれよりやや年配の外見だったことなどから、感覚的には私は王妃派だったりするのですが、ことはそれほど単純ではありません。問題は勇者が王様になった時の彼女のセリフですよ。
「ご立派ですわ○○さま! どうかこの姫とともに末永く暮らしましょうね」
姫! この1文字で彼女を王女と断定するのに十分な根拠となるんですが、「末永く暮らしましょう」というのが微妙に引っかかる。これは勇者と結婚しますという意味でいいのでしょうか。あの王様はどうも譲位常習犯らしいので、毎回姫がそんな態度だと色々問題がある気がするんです。婚期を逸して焦っているとか? それにしては勇者が旅立つ時に平然としている。ちなみにこの旅立ちの時、リメイク版だと「あなたのような若い王が治める国を見てみたかった」などとご隠居っぽいセリフがあって、ますます王妃か王女か微妙になってくるのでした。
私と結婚しましょうという意味ではないとしたら? 父である王がそのまま別の人に入れ替わったということで、「父と娘として仲良く暮らしましょう」という意味にもとれる。ただその場合は嫁に行く可能性をまったく考えていないのが気になります。「末永く」って。生涯独身を決意しているんでしょうか。それとも他に王位継承者がいなくて婿取りを考えている? しかしそれにしてはあまり若くないっぽいのにまだ独身らしいという…。こんな短いセリフなのにむやみに裏設定を想起させる、これはすごいことですよ。

色々可能性はありますが、ここでは言葉通りに王女で、王位継承者は他にいて生涯独身を心に決めている方向で行きます。
そうなるまでのあらすじ。微妙な関係の隣国、ロマリアとポルトガの間で、かつて政略結婚の話が持ち上がった。話は着々と進み、ポルトガの王子とロマリアの王女は婚約まですませたが、そこで突然ロマリア・ポルトガ間の国境が封印されるという事態発生。そちらの国がやったことだろうとお互いを責め、緊迫する両国。しかし実はこの事態は、ロマリア・ポルトガ間にある、サマンオサに通じる旅の扉がサマンオサ側から封印されたことにより起こったことだった。
話はこじれ、結婚話は結局破談に。政略結婚とはいえ実は両思いだった王子と王女は引き裂かれてしまう。そして9年の歳月が流れ、国境は再び開くのだが…。そんなラブロマンスです。
いやあのね、ボストロールに乗っ取られたサマンオサへの旅の扉がロマリア・ポルトガ間にあるとか、ドラクエ3の上の世界で、妻子が出てきてない王様(男)はポルトガ王だけだとか考えると、実はそんなに突拍子もない設定ではないと思うんです。ポルトガ王×ロマリア王女。黒胡椒より愛しているとか口説けばいいじゃない。

長くてすみませんが、ついでにもう一つ。ここでは王女にしましたが、王妃だというセンも捨てがたい気持ちがあります。王妃だとすると夫交代劇になってしまうんですが、夫婦生活はなしですよという意味もこめ、どうせすぐまた元に戻ることを見越して、笑い混じりに「この姫(笑)と末永く暮らしましょうね(笑)」と言ったというのもありかなあと思ったりもする。どうもあの人はロトシリーズの姫にしては異彩を放っているというか、貫禄がありすぎる。
しかしもし彼女が王妃だとすると、これは実は大変なことです。私の記憶が確かなら、ロトシリーズには王妃というのは出てきていないはず。ローラは後に王妃になりますが、ゲーム中にはならないので一応除外。2のローレシアには王子を呼び捨てにする母親疑惑のある女の人もいたはずですが、リメイクでセリフが差し替えられてるところをみるとどうやら王妃ではなかった…と思う。
王女はたくさんいます。女王もイシスとジパングにいる。しかし王妃は絶滅危惧種、というかロマリアの玉座にいるのが王妃なら、彼女はロトシリーズ唯一の王妃です。さらに言えば、多分ドラクエ4にも王妃はいなかったような気がする。そして5。これはしょっぱなからマーサ王妃出産オープニング。そしてレヌール城の幽霊王妃、ラインハットの悪徳王妃を経てビアンカもしくはフローラ王妃に至る、まさに王妃を軸としたストーリー。
もしもロマリアのあの女性が王妃なら、5でにわかに光の当たった王妃という存在を、それまでのドラクエ歴においてたった一人で支えていた超重要人物ということになる! これは実においしい。ちょっと捨てがたいという気持ち、分かっていただけると思います。

追記。うわあ。リメイクだとポルトガには王妃っぽい人いるみたい。まあただの貴族の女の人の可能性もあるし、見なかったことにしよう
4に王妃がいないかどうかも相当あやしいので、出てたらまた適当なこと書きやがってと笑ってやってください

2008年07月05日(土) WINDOWSフォルダリバウンド日記

Windowsフォルダを削るのに熱中してて更新が止まるというちょっとたわけ指数の高い状況にありました。もう再インストールは1年くらいしたくないので多分この後はここの内容も元に戻ることでしょう。
以下長文
system32フォルダのファイルを検索したりしながら減らしてって、Windowsフォルダは一時は270MBくらいまで痩せたのですが…。通常使用なら特に問題ないものの、ちょっといつもと違うことをしようとするとファイルがないとか言われてしまう。それからまたファイルを足したり引いたりして、そしてついに思ったのです。むなしい、と(遅い)
結局、system32のファイルにはさわらないことに決めました。フォルダはいくつか削除して、CCReanerに定期的に消すファイルを登録し、その後はもうあのフォルダのことは考えない。消しても問題ないファイルがたくさんあるとか考えない。あのフォルダは魔境、一度踏み込んでしまえば泥沼だから。検証用のリストとか削除用のバッチファイルとかも捨てた。思い出をありがとう。
で、その決意の結果、今のWINDOWSフォルダは352MBです。それでも前より減ってるのは.NETFrameworkのフォルダ(Microsoft.NETとassembly)を削ったため。あれはsystem32じゃないからいいことにした。これが必要なアプリケーションはnLiteを含めて3つしか使ってないので、そんなに検証も大変ではなかった。あんなにたくさんのファイルが入ってたMicrosoft.NETのフォルダの中身が、まさかmscorjit.dllとmscorwks.dllだけになるとは思わなかったな。寒々としています。assemblyフォルダの中身も1/4くらいになった。

ファイル大量に削った後にレジストリ掃除すると山ほど検出されて楽しい。system32のファイルを削ればさらたくさん検出されるのに……なんてことは考えないことにする。Free Window Registry Repair → OleClean → RegSeekerの順でやっています。レジストリ掃除のソフトはちょっと怖いイメージがあったのですが、system32のファイルをさんざん削った後にレジストリ掃除→なんか不具合が!OS再インストール みたいなことを何度かやってるうちに慣れて怖くなくなった。同じ用途のソフトを3つ使うのもどうかと思うけど、それぞれ検出されるものが違うっぽいのでどれも捨てられなくなってしまったのです。
Free Window Registry Repairはどうでもいいものも大量に検出するが実力には定評のある正統派エリート、OleCleanは他人が見ることのできないものをやすやすと見つけてくる渋い異能者、RegSeekerは味方も巻き込む強力なパワーを持つ危険な男。のイメージ。一番クールでかっこいいのはOleCleanだと思うけど、やっぱりRegSeekerはすごいです。
RegSeekerは以前ほど危険ではないそうですが、それでも気持ちの上では一応OS再インストールを視野に入れて使う。ただどういうわけか私の環境では、検出数は多くてもその一部しか消去できてなかったりする…。検出されるキーの末尾に3桁か4桁の数字がつくんですけど、どうもそれの影響らしい。選択キーをエクスポートして、[を[-に置き換えて末尾の数字も置換で消して結合したらちゃんと削除できるのでそれでやってますが、使い方間違ってるのかなー(うっかり値の項目もエクスポートしてこれやると死にそう)

そういえば、もともとnliteで色々削ってるせいだと思うんですが、system32フォルダの削りの際のitunesの敏感な死亡ぶりには驚かされました。google先生に伺っても消すことに問題があるようには見えないcatrootフォルダを消してみたら、itunesでipodに曲入れようとするとフリーズするようになり、ipodリセットしても駄目、itunesの修復も再インストールもできなくなるという見事な死…。別の場所に待避させていたcatrootフォルダを戻すとか、レジストリを復元するとかこざかしいことをしてみても駄目だった。一回このフリーズが起こるとipod関係の決定的な何かが切れてしまうらしく、仕方なくOS再インストール。どうも消したらまずいのはカタログファイルのうちの1つのファイルだけのようで(名前忘れたけどたしか一番容量大きいファイル)、そういう実験とOS再インストールを繰り返しているうちに、ふと思ったのです。むなしい、と。そしてitunesを使うのをやめた。
容量を削る際のポリシーとして、削るためにPCの使い方を変えるというのはしない、それは本末転倒というものだ、と考えていたのですが、削る経緯においてなんとなく、もうこのソフトとは歩いていきたくない、という気持ちになることもあるのだと知りました。日常で見えなかった面が一緒に旅行したら見えたとかそういう感じなんですかね。しかしWinampがこんなに便利だったとは

PCの前にいる時間は長いのにろくにインターネットもしていない始末。はまるって怖い。ゲームとかならともかくこんなことに熱を入れるなんて…。

2008年06月26日(木) Windowsフォルダガリガリ日記

自分の馬鹿さにハッとした。.NET Framework2.0を入れる時に昔落としたファイルでインストールして、いちいちパッチあててた。けど世の中には.NET Framework2.0 SP1というものがありますよね。当たり前の顔してそこに。思いこみって怖いわー。
最初からそれを入れたらWindowsフォルダはめでたく569MBに。60MBも違うなんて…。ついにねんがんの500MB台にのったぞ! いつまで続くのかしらこれ

2008年06月25日(水) ドラクエ3

鍵と爪

最後の鍵ゲット直後。下のの続き? 船内でくつろぎすぎの一行。脱獄にも使えます。
バスラさん=海賊のおかしら

当サイトでは黄金の爪はシャナクや教会で解けない呪いがかかっている、ということになっているんですが、その呪いを解くのに最後の鍵が活用されたりして、また少し鍵の見せ場を増やしたい所存です。侵入者→災いあれ、という意志がなくなった黄金の爪はただの黄金の爪になってしまうのだった。
そういえばドラクエには、呪いがとけた武器や防具はなぜ消えてしまうのか、という謎があります。果たしてあれは実際に消滅しているのか? 私は消滅してないよ派です。呪いの武器や防具はたいていすごく強いけど、それは呪いの力で強くなったのが大半だと思われる。呪いを解いたら諸刃の剣もひのきのぼうに劣る攻撃力だったりして、それで消えちゃった扱いになっているんだよ派です。
ですので黄金の爪に関しても、ミイラわんさかのあの呪いが解けたら弱くなっちゃうと思う。もともと黄金だし、柔らかいに違いない。従って武闘家の最終装備はFC版準拠で鉄の爪なのでした。

でも血塗られた盾が英雄の盾になるような流れも好きなので、それに関しては不幸の兜とかでなんとか

2008年06月24日(火) タスクマネージャを舐めるように見る日記

プロセス

自分の使い方なら全く問題ないけど他人が別の使い方すると不具合が出る……そんなPCにしてしまうことでますます愛着が沸くような気がするんですよ(談)

Windowsフォルダの容量を減らすのに血道を上げ、結局630MBで打ち止め。これ以上は知識がないと無理みたい。ちぇっ。.NET Framework2.0がなければ余裕で500MBを切れるのにな。
で、そういうことをして次に何に熱中するかというと、常駐プロセスを減らすことと相場が決まっています。でも残念、あまり減らなかった。スタートアップとサービスを外すことに勢力を注ぐ感じですが、WindowsUpdateの自動更新のために有効にしておかなければならないサービスはやっぱり多いや。覚え書き。

・言語オプションの詳細なテキストサービスオフにしてスタートアップからctfmon.exeを外す。ATOKがいればそれでいいよ
・iTunesHelperとQuickTimeTaskをスタートアップから外してサービスのiPodを停止。iTuneよく使う人ならiTunesHelperは置いといた方がいいのだろうけど、iPod充電のためだけに接続→iTunes起動→閉じる、の方が多い私には不要です。これらを止めて接続するとiPodShuffleのランプはオレンジ点滅状態が続く。でも充電はできてるので気にしません。緑にならないから満充電がわからないけど。気になる場合はマイコンピュータとかでiPodのドライブで右クリック「取り出し」でちゃんとした充電ランプになるそうな
・その他にもちょっと消して、スタートアップはサウンドデバイスとファイアウォールの2つ
・サービスもちょこちょこと無効に。絶対だめだろうと思っていた「HID Input Service」が無効にしても何も起こらなかったので大喜び
・開始サービスは13になった。多いのか少ないのか。
・Windows Image Acquisition (WIA)はスキャナ使う時だけ開始すればいいやと思って無効にしたらイベントビューアに「{A1F4E726-8CF1-11D1-BF92-0060081ED811} を実行するために サービス StiSvc (引数 "") を起動しようとしたときに、DCOM でエラー…」とかそんなのが大量に残ってた。エラーログが残る以外には問題ないみたいだけど気になる。スキャナのドライバを削除してみたらエラー出なくなった。なんかスキャナのドライバが入ってると、スキャナつないでない時にもWIAを呼び出しちゃうらしい。マイコンピュータを開く時にスキャナを探してエラーをお吐きになるようです。やめてください。レジストリの HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\MyComputer\NameSpace\DelegateFolders\{E211B736-43FD-11D1-9EFB-0000F8757FCD} @="Scanners & Cameras" を削除したらドライバ入っててもエラー出なくなった。マイコンピュータ開いた時にスキャナが表示されなくなったけど、マイコンピュータからスキャナ使ったことはないからまあいいかなと。それからこれ消したらスタートアップに「WIAWizardMenu」というのができてたけどすぐ消してしまったので何だったのかよくわからない
・常駐プロセス、起動してしばらくはwuauclt.exeがあるので20、その後は19。タブレット(マウス兼用)のプロセスが3つあるのが敗因。ツリーになってるらしいのでしょうがない…のかな
・ファイアウォールソフトもプロセス2つ使う。数はともかくやっぱりファイアウォールって重いんだなあと思う。けど最近ではフリーで軽いのも増えてるらしいじゃないの…。変えてみようかしら

プロセスの数を把握してるのはいいことですよきっと。ウイルスとかスパイウェアとかに感染してもすぐわかるはず(手遅れ)

2008年06月21日(土) ドラクエ1(ロトの借財)

ロトの借財更新。勇者の洞窟。
2章がこんなに遅いって、先のことをろくに考えないで始めた感が丸出しすぎる。もっとも地名の数的に考えて今回はせいぜい全10章かそこらですので、多少進みが遅くても大丈夫でしょう(その油断がいかんのだ)

今回はタンスや壺をあさったりするのが難しそうなので、そういう入手品は全部好意でもらったことになりました。いやゲームの勇者たちも本当は無断でとったりしてるわけではない気もするんですが。4のガーデンブルクの騒ぎを見た感じでは

1も色々謎が多いですが、説明書にしか出てこないくせにやたら重要人物な予言者ムツヘタはすごく気になります。

2008年06月18日(水) ドラクエ3

最後の鍵

最後の鍵ゲット。
若者の顔を右向きで描いて反転してみると絶望的なことになるけど、お年寄りだとそこまでの違和感はなかった。しわとかがパーツ配置の目安になるんでしょうか。薄々気づいていたけど、絵心のない人にとっては若者よりお年寄りの方が描きやすいようですね。こういうことに気づいてしまうとここの日記がお達者倶楽部状態になりそうなのですが。

本日のテーマ。「二次創作における最後の鍵の扱いについて」
最後の鍵に限った話ではありませんが(しゃれ)、二次創作での鍵の扱いは難しいと思うんです。ゲームと違って当然のような顔で不法侵入とかしにくいですからね。しかも最後の鍵は、ゲームでの機能に忠実に描けばどうしても脱獄支援ツール。海を干上がらせるスーパーアイテムを使って海底に沈んでいた神殿ぽいものを復活させてようやく手に入れた、という経緯を考慮してついちょっとすごそうな機能をつけ加えてしまう心情を、是非ともおくみいただきたい。

ところで最後の鍵というアイテム名は非常に思わせぶりです。「最後の鍵」ですよ? すごいかっこいい。あれはあのアイテムを指す言葉であると同時に裏の意味があってもいいと思う。
誰もたどり着けなかったバラモス城に勇者たちを連れて行ったのは誰か。そして二度と戻れぬ別世界への入口に勇者たちを連れて行ったのは誰か。最後の鍵というのは、実はラーミアのことでもあるのではないだろうか!? そしてそう考えると、最後の鍵のほこらにいる人が実はラーミア、というかラーミアの魂で、オーブがそろって体がよみがえるのを海底で待ってる、ということにしてもいいんじゃないか!? と思ったのでそうなりました。ほんとすいません。ごめんなさい。上の画像だとおじいちゃんみたいですが、オスかメスかは不明です。
それにしてもあの人、初めて勇者にギアガの大穴のことを教えてくれるというすごい重要な役どころなのに全く正体不明なんですよね。骸骨グラなので生きてる人ではないのでしょうが。大海原にぽつんとあるほこらというと、2のルビス様と同じ。もしかしたらあの人こそ、上の世界を作った神様なのかもしれない。奴隷船で「つれーよぉ…」って言ってる人と同じ外見にだまされそうになるけど、カンダタとさつじんきとオルテガという例もあるし
月別ログ
日記内検索機能

RSS

PaintBBS / spainter Shi-dow
Diary CGI  Nicky! + rssnicky